HMBタブレット 副作用

HMBタブレットの副作用って?

HMBタブレットの副作用って?

副作用

 

正しい用量を守っていれば問題ない

 

筋力アップ効果のあるサプリメントとして有名なHMBタブレットですが、
体質や飲み方次第では副作用が出てしまう可能性があります。

 

そもそも大前提としては、健康な状態で正しい用量を守っていれば何の問題もありません。
これはメーカーの方からもしっかりと伝えられていることであり、身体に害の出ないよう開発されています。

 

しかしアレルギー体質を持っていたり、欲張って多量に飲むようなことをしてしまえば話が変わってきます。

 

このような場合、軽いものであれば下痢や吐き気がすることがあります。

 

そして重度の副作用となるとショック症状が表れ、入院の必要性が出てくる危険性まであるのです。

 

過剰摂取は、自覚を持って気を付けていればなかなか起こり得ないことです。

 

 

あらかじめアレルギーチェックを済ましておきましょう

 

ただアレルギーについては自分自身で把握できていない部分もあるでしょうから、
HMBタブレットの成分表と照らし合わせて医師に相談してみるのもいいでしょう。

 

特にマメ科の植物であるフェヌグリークと黒胡椒に含まれているバイオペリンは、
アレルギーが出てしまう人の存在も報告されている成分となります。

 

これらはHMBタブレットの効果を支える重要な成分ではあるのですが、
念のため自分の身体に合っているのか事前に確認をしておくと賢明でしょう。

 

つまりは1日の摂取目安である4粒以上を飲まないことや、
あらかじめのアレルギーチェックをしっかりと済ませていれば、
HMBタブレットの副作用への心配は全くしなくても大丈夫です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ